圧迫骨折

圧迫骨折とは、上下方向からの力が加わって生じる背骨の骨折です。(図①)

正常な背骨は高所からの落下などの大きな力が加わらなければ骨折は生じませんが、年齢とともに脆くなった背骨は尻もちをつくなどの軽い衝撃で潰れる場合や、知らない間に体の重みを支えきれず椎体(図②)が潰れる事があります。特に骨がもろくなっている場合などはくしゃみをしただけで骨が潰れてしまうことがあります。

体を動かしたときに強い痛みを伴い、寝たきりになってしまうこともあり、ご高齢のかたほど注意が必要です。

圧迫骨折は閉経後の女性に多く、骨粗鬆症も大きな原因となっています。

骨粗鬆症とは(図③)

骨粗しょう症とは、密度の低下によってがもろくなり、骨折しやすくなる病態です。 加齢、 ビタミンDやカルシウムの摂取不足、などによって、密度やの強度を維持する成分の量が減少することなどが原因です。 骨粗しょう症による症状は、骨折が起こるまで現れないことがあります。

ブログ記事内のイラスト使用について


ブログ記事で使用しているイラストには無断転載防止のため「Golden ratio Inc.」の文字を入れております。文字なしのイラストを自院や自社で使いたいという方がいれば「お問い合わせフォーム」より、その旨をご連絡ください。

関連記事

  1. 誤嚥性肺炎

  2. 脳の構造

  3. コロナ予防の正しいうがい

  4. 頭蓋骨の構造

  5. 歯周病 | 日本人が歯を失う原因の第1位

  6. 3つの正しい「咳エチケット」

  7. 片頭痛

  8. 関節痛

最新記事

PAGE TOP