胃の構造

胃は、食道と腸をつないでいる袋状の臓器です。主な働きとしては、食べ物を溜めておく、食べ物を消化する、消化された食べ物を少しずつ腸へ送り出す、などがあります。

胃の入口を噴門、出口を幽門といい、噴門側から胃底部、胃体部、胃角部、前庭部に分けられます。ちなみにがんの好発部位(よく発生する部位)は胃体部、もしくは幽門前庭部で見つかることが多いとされています。

噴門は食道への逆流を防ぎ、幽門は十二指腸への消化された食べ物の通過を調節する役割があります。胃は空になるとほとんど運動をしません。胃の中に食べ物が入ると、噴門から幽門にかけて蠕動(ぜんどう)運動が起こります。

この時幽門は閉まり、胃底部から胃液が分泌され蠕動運動によって食べ物がすり潰されます。胃液中のペプシンという酵素でタンパク質が分解され、食べ物が粥状になると幽門が開きゆっくりと少しずつ十二指腸へ運ばれます。

でんぷん性のものは早く、肉はゆっくり、脂肪性のものは1番遅く通過します。

胃は食べ物を消化する他に、胃酸で食べ物と一緒に入ってきた細菌を殺菌したり、身体にとって悪いものを嘔吐して吐き出す働きもあります。

蠕動(ぜんどう)運動とは

蠕動運動は、三層の筋肉が縦、横、斜めに収縮、弛緩を繰り返すことによって起きる運動のことです。この動きにより食道から送られた食べ物は胃のなかで胃液と混ぜ合わさり粥状にされ十二指腸へ送られます。

ブログ記事内のイラスト使用について


ブログ記事で使用しているイラストには無断転載防止のため「Golden ratio Inc.」の文字を入れております。文字なしのイラストを自院や自社で使いたいという方がいれば「お問い合わせフォーム」より、その旨をご連絡ください。

関連記事

  1. コロナ予防のための手洗い

  2. 胃腸炎

  3. 頭蓋骨の構造

  4. 保護中: 脳の構造

  5. 片頭痛

  6. 歯周病 | 日本人が歯を失う原因の第1位

  7. コロナ予防の正しいうがい

  8. 耳の構造

最新記事

PAGE TOP