耳の構造

耳の構造

こんにちは、デザイナーのnambaです。

今回は耳の構造がテーマです。

耳の外側は目に見えますが、耳の中は見ることができないため
聞こえる仕組みが分かるようなイラストにしてみました。

【耳介】いわゆる耳の部分、医療用語では耳介、耳殻といいます

【外耳道】耳の穴、入り口から鼓膜までを指します

【鼓膜】空気中の音を集める役割をします

【ツチ骨・キヌタ骨・アブミ骨】鼓膜で集めた音を蝸牛へ伝達する役割をします

【蝸牛】鼓膜から伝わってきた振動でリンパ液が揺れ、神経に伝える役割をします

【耳管】耳と鼻をつなぐ管を耳管と言い、耳の気圧を調節する働きがあります

各器官がこのような役割を果たし、「音」を「脳」に伝えることで
私たちは「聞く」ことができるのです。

イラストを描くにあたって

・見た時に気持ち悪くならないような絵柄にする

・必要な部分を強調して描く

この二つを目標に制作しました。

私は大学で一通り解剖学や病理学を勉強してきましたが、
自分が勉強した知識を元にわかりやすく伝わるように描くということはとても難しく感じます。

年代や見る人によって伝わるイラスト、伝わらないイラストがあります。
今回描いた耳の構造のイラストは大人の方向けの絵柄になっていますが、
一つのテーマでどの年代の人にも伝わるようなイラストを描いていけたらと思います。

ブログ記事内のイラスト使用について


ブログ記事で使用しているイラストには無断転載防止のため「Golden ratio Inc.」の文字を入れております。文字なしのイラストを自院や自社で使いたいという方がいれば「お問い合わせフォーム」より、その旨をご連絡ください。

関連記事

  1. 頭蓋骨の構造

  2. コロナ予防の正しいうがい

  3. 3つの正しい「咳エチケット」

  4. 歯周病 | 日本人が歯を失う原因の第1位

  5. 保護中: 脳の構造

  6. 誤嚥性肺炎

  7. 胃腸炎

  8. コロナ予防のための手洗い

最新記事

PAGE TOP