パントテン酸の栄養|はたらきや食べ物

こんにちは、管理栄養士の尾上です。

パントテン酸は、水に溶けやすい水溶性ビタミンのひとつです。
パントテンとはどこにでもあるという意味で、意味通り様々な食品に含まれている栄養素です。

今回は「パントテン酸の栄養」について解説していきたいと思います。

パントテン酸(水溶性ビタミン)とは

パントテン酸は、水に溶けやすい水溶性ビタミンのひとつです。

また、腸内細菌でも合成されるビタミンです。

パントテン酸をはじめとするビタミンB群ですが、わたしたちのカラダで主にエネルギーの産生に関与しますが、他にもさまざまなはたらきがあります。

パントテン酸の主なはたらき

・代謝の補酵素としてのはたらき
・ホルモンの合成
・皮膚や粘膜の機能維持

パントテン酸の適正な量

パントテン酸は1日にどのくらいの量を摂ればいいでしょう。

パントテン酸の吸収は過剰に摂取しても、吸収されないため、耐容上限量は設定されていません。

パントテン酸の摂取目安量

18歳以上男性  5mg
18~49歳女性 4mg
50歳以上女性  5mg

と設定されています。(日本人の食事摂取基準(2015年版)より)

パントテン酸が不足すると・・・

パントテン酸は幅広い食品に含まれているので、基本的に食事をきちんと3食摂っていれば不足することは少ないです。

・疲れやすい
・食欲がない
・頭痛、動悸、不眠

パントテン酸が過剰だと・・・

パントテン酸に過剰症は認められていません。

パントテン酸が多く含まれる食べ物

パントテン酸は、名前の通り様々な食品に含まれていますが、特に多く含まれる食べ物を挙げてみました。

まとめ

パントテン酸は食事を3食きちんと食べれていれば不足する心配はありません。
ですが、コーヒーなどのカフェイン飲料や、アルコールを日常的に多く呑まれる人はパントテン酸の消費量も多いので、規則正しい食生活をこころがけましょう。

今回は「パントテン酸の栄養」について解説しました。

Instagramはじめました!フォローお願いします(^^)


関連記事

  1. フレイル、サルコペニアとは?

  2. 脂質の栄養|はたらきや食べ物

  3. staff_04_pc

    病院で働く管理栄養士|仕事内容と求められるスキル

  4. 「第6の栄養素」食物繊維

  5. ビタミンDの栄養|はたらきや食べ物

  6. 病院で働く管理栄養士|食事提供について

  7. 管理栄養士ブログ

    ロコモティブシンドロームって?メタボと関係ある?

  8. 牛肉の栄養と効能|タンパク源として優秀な食材

プロフィール

医療機関おすすめサプリ

過去記事

PAGE TOP