ビタミンDの栄養|はたらきや食べ物

こんにちは、管理栄養士の尾上です。

ビタミンDは、油に溶けやすい脂溶性ビタミンのひとつです。
日光を浴びることによって、わたしたちのカラダでも作れるビタミンです。

今回は「ビタミンDの栄養」について解説していきたいと思います。

ビタミンD(脂溶性ビタミン)とは

ビタミンDは、油に溶けやすい脂溶性ビタミンのひとつです。

食事からの摂取と、日光を浴びることで体内でも生成されるビタミンです。

主に、骨の健康を保つのに働いていますが、近年では、免疫力を上げたり、ガンや妊娠を望む妊婦さんなどにも有効かもしれないとの報告もあります。

ビタミンDの主なはたらき

・骨の成長促進
・カルシウムとリンの代謝に関与
・遺伝子のはたらきを調節

ビタミンDの適正な量

ビタミンDは1日にどのくらいの量を摂ればいいでしょう。

ビタミンDの摂取目安量

18歳以上の男女 5.5㎍

ビタミンDの耐容上限量

18歳以上の男女 100㎍

と設定されています。(日本人の食事摂取基準(2015年版)より)

ビタミンDが不足すると・・・

ビタミンDが不足すると、カルシウム代謝がうまくはたらかず、小児、成人、高齢者それぞれで骨の病気にかかる恐れがあります。

・くる病(小児)
・骨軟化症(成人)
・骨粗しょう症(高齢者)

ビタミンDが過剰だと・・・

通常の食事で過剰症になる心配はなさそうですが、サプリメントを服用する場合などは。用法・容量を守るようにしましょう。

・高カルシウム血症
・腎障害

ビタミンDが多く含まれる食べ物

ビタミンDが多い食べ物は多くはなく、サケやマスなどの魚介類に多いです。

穀類、野菜類、肉類にはそれほど多くは含まれていません。

まとめ

ビタミンDが不足すると、カラダのカルシウム代謝がうまくはたらかず、骨の病気にかかるリスクが高まります。

今回は「ビタミンDの栄養」について解説しました。

Instagramはじめました!フォローお願いします(^^)


関連記事

  1. 管理栄養士ブログ

    食欲の秋!さつまいもの栄養

  2. 管理栄養士ブログ

    意外と知らない!小麦粉の分類と用途

  3. 管理栄養士ってどんな職業?目指すには?

  4. ビタミンEの栄養|はたらきや食べ物

  5. 管理栄養士ブログ

    牛乳|食べ物の栄養

  6. 脂質は悪?適正な量について

  7. 管理栄養士ブログ

    ロコモティブシンドロームって?メタボと関係ある?

  8. 管理栄養士ブログ

    甘酒のもと、酒粕について

プロフィール

医療機関おすすめサプリ

過去記事

PAGE TOP