ビタミンB1の栄養|はたらきや食べ物

こんにちは、管理栄養士の尾上です。

ビタミンB1は、水に溶けやすい水溶性ビタミンのひとつです。
糖質をエネルギーに変えるときに働く補酵素としてのはたらきがあります。

今回は「ビタミンB1の栄養」について解説していきたいと思います。

ビタミンB1(水溶性ビタミン)とは

ビタミンB1は、水に溶けやすい水溶性ビタミンのひとつです。

糖質の代謝と深く関係していて、エネルギーの産生にはたらきます。

ビタミンB1をはじめとするビタミンB群ですが、わたしたちのカラダで主にエネルギーの産生に関与しますが、他にもさまざまなはたらきがあります。

ビタミンB1の主なはたらき

・糖質をエネルギーに変えるはたらき
・アルコールの代謝に関与
・脳の働きに関与
・神経のはたらきを正常に保つ

ビタミンB1の適正な量

ビタミンB1は1日にどのくらいの量を摂ればいいでしょう。

糖質やアルコールを多く摂る人、運動の習慣がある人はエネルギーの産生が人より多いので、不足のないよう摂取することが大切です。

ビタミンB1の摂取推奨量

18~49歳女性 1.1mg
50~69歳女性 1.0mg
70歳以上の女性 0.9mg

18~49歳男性 1.4mg
50~69歳男性 1.3mg
70歳以上の男性 1.2mg

と設定されています。(日本人の食事摂取基準(2020年版)より)

ビタミンB1が不足すると・・・

ビタミンB1はエネルギーの代謝と深く関りがあるので、不足すると、カラダの疲労感や、食欲不振などを起こしやすくなります。

・肩こり、筋肉痛
・疲れやすい
・食欲不振
・脚気
・ウェルニッケ脳症

ビタミンB1が過剰だと・・・

ビタミンB1に過剰症は認められていません。

ビタミンB1が多く含まれる食べ物

ビタミンB1が多く含まれる食べ物は、穀類、豚肉、レバー、豆類などです。

特に豚肉は含有量が多く、疲労回復にピッタリな食べ物です。

まとめ

疲れやすい、イライラする、風邪のような症状があるなど、このような症状がある人はビタミン不足かもしれません。
自分のカラダにどれくらいの栄養が必要かを意識して、バランスのいい食生活をこころがけましょう。

今回は「ビタミンB1の栄養」について解説しました。

Instagramはじめました!フォローお願いします(^^)


関連記事

  1. 管理栄養士ブログ

    秋の味覚「サンマ」の栄養

  2. ビタミンB2の栄養|はたらきや食べ物

  3. 「第6の栄養素」食物繊維

  4. 脂質は悪?適正な量について

  5. 管理栄養士ブログ

    減塩食はなぜ必要なの?おいしい減塩のコツ

  6. 夏場の食中毒予防について

  7. 牛肉の栄養と効能|タンパク源として優秀な食材

  8. staff_04_pc

    学校で働く栄養士|仕事内容と求められるスキル

プロフィール

医療機関おすすめサプリ

過去記事

PAGE TOP