管理栄養士ブログ

糖尿病|日常生活のポイント

こんにちは、管理栄養士の尾上です。

糖尿病は、すい臓で作り出されるホルモンであるインスリンの働きが低下することが原因で起こります。
このインスリンの作用が不足すると、ブドウ糖を利用できなくなり、血液中の血糖値が高くなります。

これを高血糖といい、この状態が継続してしまうのが糖尿病です。

日常生活の注意点とは、糖尿病患者さんに限ったことでなく、健康な人が健康を維持するためにも必要なことです。

今回は「糖尿病の方へ日常生活のポイント」について解説したいと思います。

糖尿病ってどんな病気?

糖尿病は、血液の中のブドウ糖(グルコース)の濃度(血糖値)が高い状態(高血糖状態)が続く病気です。

放っておくと、さまざまな臓器に合併症が起こる危険性が高くなります。

私たちの食事の主食となる米やパンなどに多く含まれる糖質(炭水化物)は、小腸でブドウ糖に分解されて、血液の中に吸収されます。

この血液中の糖の値(血糖値)は、体の中の「インスリン」というホルモンの作用で、ほぼ一定の値に保たれています。

この血糖を調節する仕組みがうまく働かなくなり、血糖値が高い状態(高血糖状態)が続くようになってしまうのが糖尿病です。

血糖値を下げるホルモン「インスリン」

インスリンはすい臓から分泌されるホルモンで、血液中の当の量を調節します。

食事をすると、糖が吸収されて血糖値が上がりますが、インスリンが分泌されると血糖が細胞に取り込まれるため、血糖値が下がります。

しかし、食べ過ぎや運動不足といった生活習慣の乱れや、遺伝などの影響で、インスリンの分泌が減ったり、インスリンが分泌されていても肝臓や筋肉でのインスリンの働きが悪くなって(インスリン抵抗性)、血糖値が高い状態が続くことになります。

太っている人はこのインスリン抵抗性が高いことが知られています。

治療の基本は「食事」と「運動」

糖尿病の治療は「食事」と「運動」が柱になります。

これは、1型、2型などのタイプにかかわらず、すべての糖尿病に共通する治療の基本です。

そして、食事・運動療法をしても血糖をコントロールしきれない場合は薬物療法を行います。

日常生活のポイント

冒頭でもお伝えしましたが、日常生活の注意点とは、糖尿病患者さんに限ったことでなく、健康な人が健康を維持するためにも必要なことです。

ちょっとした注意で、ずいぶん血糖コントロールがしやすくなるはずです。

小さなことでもできることをひとつずつ増やして継続していきましょう。

まとめ

習慣を変えることはなかなか難しいですが、小さなことからできることをみつけていきましょう。

糖尿病ではない人も、様々な病気の予防にもつながりますので実践してみましょう。 今回は「糖尿病の方へ日常生活のポイント」ついて解説しました。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 管理栄養士ブログ

    お酒は飲むと太るの?アルコールのカロリーや飲み方も徹底調査!

  2. 管理栄養士ブログ

    カフェインレスの飲み物について

  3. 管理栄養士ブログ

    夏バテに効果!ゴーヤの栄養

  4. 管理栄養士ブログ

    自己流の糖質制限は危険!目指すは健康的なダイエット

  5. 管理栄養士ブログ

    秋の味覚「サンマ」の栄養

  6. 牛肉の栄養と効能|タンパク源として優秀な食材

  7. 管理栄養士ブログ

    GI値って?低GI食品ってどんなもの?

  8. 管理栄養士ブログ

    食物繊維ってどんなもの?消化吸収されない「第6の栄養素」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Notice: Undefined variable: user_ID in /home/gigroup/golden-ratio.co.jp/public_html/wp-content/themes/unique_tcd044/comments.php on line 158
PAGE TOP