管理栄養士ブログ

デトックスウォーターで「デトックス」はできない?

こんにちは、管理栄養士の尾上です。

SNSや街中で、おしゃれな人がカラフルなボトルを持ち歩いているのを見かけたことはありませんか?

野菜や果物の成分が溶け出したミネラルウォーター=デトックスウォーターを飲むことが美容や健康にいいと話題です。

ですがデトックスウォーターでほんとうに「デトックス」できるのでしょうか?


今回は「デトックス」について解説していきたいと思います。

「デトックス」ってどういう意味?

デトックスとは英語で「解毒」のことを指します。

老廃物や毒素のような体の中に蓄積した有害物質を排出させることをいい、デトックスを行うことによって体の不調を解消するといわれています。

しかし、デトックスにおける「老廃物」や「毒素」といわれるものは明確には定義されておらず、医療用語としてのデトックス(薬物依存症などに対して行われる治療のひとつ)とは区別する必要があります。

デトックスウォーターは効果がある?

デトックスウォーターと言えば、ボトルの中にフルーツや野菜が入っている水を思い浮かべる人が多いと思います。

でも実はこのいわゆるデトックスウォーターには、科学的根拠が少なく、効果が立証されていません。

フルーツや野菜が入っていないただの水でも十分だという意見もあります。

ただの水でもいいし、吸収のいいスポーツドリンクでも、水分をたくさん摂ると尿や汗としてデトックスできます。

ただしこれも、尿や汗として排泄できるものに対してだけです。

水分を多くとることはデトックスにつながりそうですが、必ずしもデトックスウォーターである必要はなさそうです。

デトックスに効くのは食物繊維

便秘がちの人の「食物繊維を摂ると便通が良くなった」という声を聞いたことがあるかもしれませんが、本当にそのとおりで、食物繊維を含む食材は便によるデトックスにとても有効です。

食物繊維には不溶性と水溶性があり、不溶性食物繊維には胃や腸で水分を吸収して大きくふくらみ、腸を刺激して蠕動運動を活発にし、便通を促進する働きがあるため、デトックス目的で便の量を増やしたい人にはおすすめと言えます。

食物繊維と言えば野菜を思い浮かべますが、サラダだけで野菜を摂るのが苦手な場合は、食物繊維の豊富な野菜をたくさん入れたデトックススープにしたり、食物繊維入りのハーブティを取り入れてみるといいかもしれません。

まとめ

デトックスウォーターにデトックス効果や特別な栄養効果を期待することはできませんが、デトックスウォーターを第一歩として、食事全体を見直すことにつながれば、とても価値のあるものになりそうです。

今回は「デトックス」について解説しました。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 管理栄養士ブログ

    基礎代謝を上げて脂肪燃焼!ダイエットにも有効?

  2. 管理栄養士ブログ

    なぜ1日に350g?野菜を食べて生活習慣病を予防しましょう!

  3. 管理栄養士ブログ

    脂質は悪?適正量を摂ることが大切です!

  4. 管理栄養士ブログ

    たまごは1日1個まで?たまごの栄養で注意すべきことは?

  5. staff_04_pc

    病院で働く管理栄養士|仕事内容と求められるスキル

  6. 管理栄養士ブログ

    減塩食はなぜ必要なの?おいしい減塩のコツ

  7. 管理栄養士ブログ

    カルシウム以外も豊富!「牛乳」の栄養について

  8. 管理栄養士ブログ

    ナッツの栄養と適量|ナッツが健康的といわれる理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Notice: Undefined variable: user_ID in /home/gigroup/golden-ratio.co.jp/public_html/wp-content/themes/unique_tcd044/comments.php on line 158
PAGE TOP