管理栄養士ブログ

食欲の秋!さつまいもの栄養

こんにちは、管理栄養士の尾上です。

少し肌寒くなって秋を感じられるようになってきましたね。
季節が秋になる頃、スーパーに旬の味覚がたくさん並び、食欲をそそる季節でもありますね。

今回はそんな秋の味覚、さつまいもについて解説していきたいと思います。

さつまいもの栄養成分

さつまいも100gあたりの栄養成分は以下になります。

エネルギー:132kcal
タンパク質:1.2g
脂質:0.2g
炭水化物:32g
ビタミンE:1.6mg
ビタミンB1:0.11mg
ナイアシン:0.8mg
ビタミンB6:0.28mg
葉酸:49µg
ビタミンC:29mg

主な栄養素は、炭水化物、ビタミン類、葉酸です。

さつまいもの栄養のメリット

ダイエットに効果的?

さつまいもはご飯よりもカロリーが低い食材です。
そのため、同じ量を食べてもお腹にたまりやすく、その割にはカロリーが低いためにこれだけで、ダイエット効果があります。
また甘味があって栄養価も高いので、カロリーが高いと思われがちのさつまいもは、実は低カロリーのダイエット食なのです。

便秘も解決できる?

さつまいもだけに含まれる「ヤラピン」。

さつまいもをカットするときに出てくる乳液状のものです。
ヤラピンには、胃の粘膜を保護する働きがあり、腸のぜん動運動を促し、便を柔らかくし、排出しやすくする働きもあります。
ヤラピンは、根にも葉、茎にも含まれ、加熱しても変質しないそうです。
そのため、健康食品にも用いられるほど効果が高い成分です。

貧血対策に期待あり?

さつまいもに含まれるビタミンCが鉄の吸収を助けることにより、貧血を防ぎます。
熱に弱いといわれるビタミンCですが、さつまいもの場合、調理の際にでんぷん質が糊化し、膜を作ってビタミンCを保護するため、加熱しても壊れにくいです。

実は皮に含まれている貴重な栄養素

焼き芋は皮をむいて食べる人が多いと思いますが、実は皮にしか含まれていない栄養素がありました。
それは「アントシアニン」と「クロロゲン酸」というもので、2つともポリフェノールの一種です。
この2つは強力な抗酸化作用の働きで、動脈硬化などの生活習慣病の予防に、効果があると言われています。

そのほか、実の部分よりも皮に栄養素が多く含まれているものがあります。

それは
カルシウム→黄色い果肉の5倍。
ビタミンC→実よりも皮に多く含まれている。

含有量は芋類の中でトップクラスです。

ビタミンCは熱に弱いですが、さつまいもの場合、でんぷんが守ってくれるので加熱しても破壊されません。
その他、食物繊維が皮の方が多かったりするので、ぜひ皮も一緒に食べたいですね。

まとめ

多くの成分が含まれ栄養価が高いさつまいも。

おいしく食べることができて、且つ健康予防にもなりそうなので、さつまいもを食べて一石二鳥ですね! 日々の食生活にぜひ取り入れてみてください!

  • コメント: 0

関連記事

  1. 管理栄養士ブログ

    ゼロキロカロリーは本当に「0」じゃない!カロリーゼロの落とし穴

  2. 管理栄養士ブログ

    食事の基本!PFCバランスって何?

  3. 管理栄養士ブログ

    ミネラルとは?不足しがちなミネラル、摂りすぎ注意なミネラルとは?

  4. 管理栄養士ブログ

    糖尿病の食事療法について

  5. 管理栄養士ブログ

    食物繊維ってどんなもの?消化吸収されない「第6の栄養素」

  6. 管理栄養士ブログ

    ビタミンとは?効果的に摂る方法もご紹介!

  7. 管理栄養士ブログ

    栄養満点アボカド!どんな栄養素を含んでいる?

  8. 管理栄養士ブログ

    葉酸の栄養|はたらきや食べ物

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Notice: Undefined variable: user_ID in /home/gigroup/golden-ratio.co.jp/public_html/wp-content/themes/unique_tcd044/comments.php on line 158
PAGE TOP