管理栄養士ブログ

梅の栄養|クエン酸は疲労回復に効く?

こんにちは、管理栄養士の尾上です。

特有の酸っぱさが魅力の「梅」。
代表的な加工品である梅干しはもちろん、梅酒やジュースにしてもおいしいですね。
今回は梅の栄養について解説していきたいと思います。

梅の旬と品種

「梅雨は梅の季節」と言われるように、梅の旬は5月〜6月頃になります。
梅は雨によって水分を与えられ、そして日光を浴びてという繰り返しによって成長します。
そのため梅の収穫は早くても梅雨入りをしてからになり、実の成長を見ながら収穫時期を決めていきます。

また、「うめしごと」と呼ばれる梅干しや梅酒、梅シロップなどの加工も、この季節に合わせて行われます。

梅の品種は大きく分けて3種類。
主に梅干しに使われる「完熟梅」、梅酒などに使われる「青梅」、粒の小さな「小梅」に分けられます。

南高梅(なんこうばい・なんこううめ)

和歌山県の代表的な品種で、日本で最も有名な完熟梅です。
「皮が薄く、種が小さく、果肉がやわらかい」のが特徴で、黄色い実に美しい紅色がさします。
完熟した実が自然に落下するのを待って収穫されるため、とても香り高くフルーティーな味わいが楽しめます。
梅干しの他、梅酒、梅エキス、梅菓子など、さまざまな加工品に用いられる万能梅です。

古城(こじろ)

和歌山県で多く栽培されており、青梅の一級品として「青いダイヤ」とも呼ばれています。
南高梅よりやや小さくて実が引き締まっており、エキスがたっぷりと抽出されるため梅酒や梅ジュースに加工されます。

白加賀梅(しろかがうめ・しらかがうめ)

関東地方に多く流通している青梅です。古城と同じくらいの大きさで淡い黄緑色をしています。
果肉は繊維が少なく、肉厚で緻密です。
主に梅干しや梅酒に加工されます。

小梅

カリカリ梅用の小粒の梅です。
竜峡小梅や甲州小梅などの他、実全体が赤く色付いているパープルクイーンという品種もあります。

梅の栄養素

梅100gに含まれる主な栄養素は以下の通りです。

・エネルギー28kcal
・炭水化物 7.9g
・ビタミンA(βカロテン当量) 240μg
・ビタミンB1 0.03mg
・ビタミンB2 0.05mg
・ビタミンB6 0.06mg
・カリウム 240mg
・鉄 0.6mg
・食物繊維 2.5g

※参考:文部科学省「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」

すっぱい味の本体「クエン酸」疲労回復に効く?

梅干しに含まれる成分で、疲労回復作用や殺菌・抗菌作用が期待されているのはクエン酸やリンゴ酸。
クエン酸やリンゴ酸は「有機酸」と呼ばれるグループに属する成分で、酸味を持っています。

クエン酸はレモンなどの柑橘類にも含まれ、さわやかな酸味を示す成分です。

梅干しに限らず、「クエン酸といえば疲労回復」といわれる場面が多いのではないでしょうか。

「はちみつレモン(レモンのはちみつ漬け)」も疲労回復のイメージがありますね。
しかし、実際には梅干しやレモンに含まれるクエン酸がヒトの疲労に対して効果があったとする研究データは今のところなく、「効くとは言えない」というのが実際のところのようです。

まとめ

梅干しは梅に含まれるクエン酸の酸味や、製造中に加える食塩の塩味によって食欲を増すことが考えられます。

疲れていたり風邪をひいていて食欲のない人が、梅干しのすっきりとした味でご飯をしっかり食べられれば、十分なエネルギー補給ができ、疲労を回復したり、風邪が治ったり…ということはありそうです。
梅干しはさっぱりおいしい食材として、塩分取りすぎに気を付けながら楽しむのがいちばんのようです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 管理栄養士ブログ

    ナッツの栄養と適量|ナッツが健康的といわれる理由

  2. 管理栄養士ブログ

    男性更年期とアンチエイジング

  3. 管理栄養士ブログ

    日本の食の現状!食品ロス、フードマイレージって?

  4. 管理栄養士ブログ

    減塩食はなぜ必要なの?おいしい減塩のコツ

  5. 管理栄養士ブログ

    ミネラルとは?不足しがちなミネラル、摂りすぎ注意なミネラルとは?

  6. 管理栄養士ブログ

    カット野菜に栄養はない?メリットとデメリット

  7. 管理栄養士ブログ

    秋の味覚「サンマ」の栄養

  8. 管理栄養士ブログ

    基礎代謝を上げて脂肪燃焼!ダイエットにも有効?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Notice: Undefined variable: user_ID in /home/gigroup/golden-ratio.co.jp/public_html/wp-content/themes/unique_tcd044/comments.php on line 158
PAGE TOP