staff_04_pc

学校で働く栄養士|仕事内容と求められるスキル

こんにちは、管理栄養士の尾上です。

前回は病院で働く管理栄養士についてお話ししました。
今回は、学校で働く管理栄養士についてお話していこうと思います!
わたし自身、小学校で1年ほど働いたことがあるので、自身の経験も少し織り交ぜながら、解説していきたいと思います!

管理栄養士ってどんな職業?

前回までの記事でも解説してきましたが、管理栄養士とは専門的な知識と技術を持って、ひとりひとりに合わせた栄養指導や栄養管理、給食管理などを行うことができる国家資格のひとつです。
赤ちゃんから高齢者までの全年齢に対して個人・集団を問わず、食事や栄養についての様々なアドバイスを行ったり、給食施設の献立を立てたりなど、人々の健康を食事と栄養の面からサポートするのが管理栄養士です。
食事を摂る方がどのような状態にあるのかを正確に把握し、必要な栄養をきちんと取ってもらえるように指導や管理を行います。
高度な専門知識・スキルが要求され、必要に応じて医師をはじめとする、ほかの専門職との連携も必要になってきます。

学校で働く栄養士の具体的な仕事内容は?

小中学校では、管理栄養士、栄養士の区別はなく、全員「学校栄養職員」という位置づけになります。
学校栄養士の中でも、栄養教諭の免許を持った栄養士は、学校の教員の先生方と同じように授業も受け持ちます。
基本、小中学校の栄養士は自治体によっても異なりますが、1校に1人、もしくは2~3校を1人で受け持ったりする場合もあります。
なので1人職場の為、給食室の責任者という立ち位置なので責任感も問われます。
学校で働く栄養士は学校給食の管理と食育のサポートがおもな仕事になります。

具体的な仕事内容は以下のとおりです。

・給食の献立作成
・食材の選定、購入
・調理作業
・配食の管理
・調理室の衛生管理

食育については、直接子どもたちに授業を行うことはしませんが、給食だよりを発行したり、栄養教諭が行う食育指導のサポートをしたりすることはあります。

学校で働く栄養士に求められるスキル

学校栄養職員や栄養教諭として働くためには、料理や食材に関する知識や調理スキル、衛生管理の知識などが必要となります。
子どもの成長に応じた栄養の知識をつけるのはもちろんのこと、給食の時間が楽しくなる献立づくりのアイデアや発想力も必要です。
安全でおいしい給食を提供し、食に関する指導を行うためには、病院管理栄養士同様、コミュニケーション能力も大切です。
調理室で働く調理師やスタッフ、子どもたちや保護者、担任の先生や教職員、地域の生産者など、多様な立場や職種の人と積極的に関わり、良い関係を築くことも、学校で働く栄養士に必須のスキルです。


わたしが心がけたことは、日常生活でも積極的に料理をするようにし、疑問点やいい案があれば調理師さんたちに提案、献立もいっしょに作り上げることを意識しました。
調理師さんたちは厳しい衛生管理を守りながら時間通りに毎日給食を作っています。
それは当たり前のことなのですが非常に大変な仕事でもあります。
そんな調理師さんたちにまずは信頼してもらえる栄養士になれることを目指しました。
子どもたちには給食時間に積極的にコミュニケーションをとるようにし、調理師さんたちと簡単な食育指導を行ったりもしました。

まとめ

安全でおいしい給食を提供し続けるのは、もちろん大変なことも多いです。
しかし、子どもたちや先生から、「今日もおいしかった」「苦手な野菜も食べられた」「全員完食しました」などの感想をもらえると、仕事の励みになり、やりがいを感じられます。
それには、学校給食を通じて、食べることの大切さや栄養の知識を伝えることが不可欠だと思います。

Instagramはじめました!フォローお願いします(^^)


関連記事

  1. 管理栄養士ブログ

    基礎代謝を上げて脂肪燃焼!ダイエットにも有効?

  2. 管理栄養士ブログ

    甘酒のもと、酒粕について

  3. パントテン酸の栄養|はたらきや食べ物

  4. 管理栄養士ブログ

    食事の基本!PFCバランスって何?

  5. staff_04_pc

    病院で働く管理栄養士|仕事内容と求められるスキル

  6. タンパク質の栄養|はたらきや食べ物

  7. ミネラルとは?種類と栄養について

  8. 管理栄養士ブログ

    自己流の糖質制限は危険!目指すは健康的なダイエット

プロフィール

医療機関おすすめサプリ

過去記事

PAGE TOP