staff_04_pc

病院で働く管理栄養士|仕事内容と求められるスキル

こんにちは、管理栄養士の尾上です。

前回まで、管理栄養士とはどんな職業か、どんな職場があるのか、管理栄養士と栄養士の違いなどについて解説してきました。
今回はその中でも病院で働く管理栄養士についてフォーカスを当てて解説していきたいと思います。
わたし自身、これまでも病院勤務が多かったので、自身の経験も踏まえながらお話しできればと思います。

管理栄養士ってどんな職業?

前回までの記事でも解説してきましたが、管理栄養士とは専門的な知識と技術を持って、ひとりひとりに合わせた栄養指導や栄養管理、給食管理などを行うことができる国家資格のひとつです。
赤ちゃんから高齢者までの全年齢に対して個人・集団を問わず、食事や栄養についての様々なアドバイスを行ったり、給食施設の献立を立てたりなど、人々の健康を食事と栄養の面からサポートするのが管理栄養士です。
食事を摂る方がどのような状態にあるのかを正確に把握し、必要な栄養をきちんと取ってもらえるように指導や管理を行います。
高度な専門知識・スキルが要求され、必要に応じて医師をはじめとする、ほかの専門職との連携も必要になってきます。

病院で働く管理栄養士の具体的な仕事内容は?

では、病院で働く管理栄養士の具体的な仕事内容について解説していきます。
病院での管理栄養士の仕事は、入院している患者様に合わせた食事を提供し、栄養の面から治療をサポートすることが必要です。

具体的には

・入院患者様の栄養管理計画や献立の作成
・減塩食、糖尿病食、などの特別治療食の献立作成、調理指示
・入院患者様の個別栄養指導、集団栄養指導、外来の患者様の外来栄養指導
・医療チーム(通称NST:Nutriton Support Team)への参加

入院患者様の栄養管理については、医師の指示に基づいて栄養計画や献立を作成しますが、入院患者様に合わせて、減塩食、低たんぱく食、流動食などの特別な食事を提供することになるため、食材管理から現場の調理の指導までを対応することが管理栄養士に求められます。

また、入院患者様に対する栄養指導を行いますが、入院患者様だけでなく、糖尿病や高血圧などの生活習慣病で通院している患者様に対しても外来栄養指導をすることになります。

さらに、入院患者様に最良の栄養療法を提供するために多職種で構成された医療チーム(通称NST:Nutriton Support Team)のある病院であれば、医師、看護師、薬剤師、理学療法士などとともに、より高度な栄養管理を提供することも重要な活動になります。

こうしたことに加え、病院を職場に選択するのであれば、高齢糖尿病患者の増加が大きな課題となっているので、管理栄養士が日本糖尿病療養指導士(CDEJ)を取得することも有効に働くでしょう。
今後、病院における管理栄養士の仕事は、管理栄養士も医学的知識を身につけ、医療スタッフと連携しながら活躍することが益々期待されると予測できます。

病院で働く管理栄養士に求められるスキルは?

わたしが一番大事だと思うことはコミュニケーション能力です。

管理栄養士は、その専門的な知識をしっかりと患者様に伝えなければなりません。
理解しやすいように話す会話力や伝える力はもちろん、相談内容や相手にとって的確な柔軟な発想力も必要になるでしょう。

また、単においしい食事を作るだけでは管理栄養士でなくともできますし、栄養価だけを考えられたおいしくない食事を作っても患者様に食べてもらえなくては意味がありません。
患者様の身体の事やライフスタイルを考え、それに合わせた栄養バランスで、おいしくよろこんでもらえるような食事を提供できてこそ、管理栄養士と言えるでしょう。

また、患者様とはもちろんですが、管理栄養士は医師や看護師、薬剤師、作業療法士、理学療法士などと連携して仕事をすることもたくさんあります。
他職種とのコミュニケーション能力も求められるスキルのひとつです。


栄養課の部署内でも、栄養士、調理師、調理員たちと連携して業務を行っていかなければならないので、的確な判断をしどのように人を動かすかをリーダーシップを取って状況を進めていけなければなりません。
食事を作る場においては、調理師とどれだけ連携がとれているかも重要になってきます。
食事の提供時間も決まっているので、調理師は時間内に業務を終わらせるためにスムーズに指示を出してもらわなければ困るのです。

これだけ求められるものがあると大変…と感じてしまうかもしれませんが、最初から全て習得することを意識せず、働きながら少しずつ求められるものに応えられるようにしていきましょう。

まとめ

わたし自身、病院の管理栄養士として働いてる中で一番やりがいを感じたことは、食事がとれない患者様に食事調整をしていくうちに食事がとれるようになり、「管理栄養士さんのおかげで食べられるようになったよ」といわれた時でした。
担当の患者様には食事中に訪問をし、食事状況を確認することもあります。
むせこむタイミングや食形態を確認し、患者様の実情を踏まえながら説明をすることで理解を促すことも大切にしていました。
患者様がおいしそうに食事をしている姿を見ると、がんばってよかったと感じます。
病院の現場ではこれからどんどん管理栄養士が必要とされる時代が来ていると思います。
医療の知識も身につけられ、とてもやりがいのある職業だと思います。


次回は学校栄養士について解説していきたいと思います。

Instagramはじめました!フォローお願いします(^^)


関連記事

  1. お肉の熟成について

  2. ナイアシンの栄養|はたらきや食べ物

  3. 成人男性カロリーと基礎代謝|1日の摂取・消費量をわかりやすく解説!

  4. 葉酸の栄養|はたらきや食べ物

  5. staff_04_pc

    管理栄養士と栄養士ってどう違うの?取得方法も仕事内容も違う!?

  6. ビタミンB6の栄養|はたらきや食べ物

  7. 管理栄養士ブログ

    「畑の肉」大豆の栄養について

  8. ビタミンAの栄養|はたらきや食べ物

プロフィール

医療機関おすすめサプリ

過去記事

PAGE TOP