staff_04_pc

管理栄養士と栄養士ってどう違うの?取得方法も仕事内容も違う!?

こんにちは、管理栄養士の尾上です。

これまでの記事で管理栄養士についてお話してきました。


では、「管理栄養士」と「栄養士」がどう違うのかご存知でしょうか?
わたし自身もよく、「管理栄養士って栄養士じゃないの?」「仕事内容はどう違うの?」と聞かれることがあります。

今回は「管理栄養士」「栄養士」の違い、仕事内容の違い等について解説していきたいと思います。

管理栄養士、栄養士の定義

管理栄養士について詳しくは前回の記事を参照ください。

管理栄養士や栄養士に関することを定めている法律が存在します。
これを栄養士法といいます。


栄養士法では、栄養士のことを次のように定義しています。
「栄養士免許を取得し、栄養士の名称を用いて、栄養の指導に従事する人」

栄養士法では、管理栄養士のことを次のように定義しています。
「管理栄養士の資格を取得し、管理栄養士の名称を用いて、栄養の指導に従事する人」

管理栄養士も栄養士も定義は同じですね。
なので、どちらも栄養のスペシャリストであるということは変わらないのです。

では今度は、栄養士と管理栄養士にどんな違いがあるのかを見ていきましょう。

管理栄養士と栄養士はどう違うの?同じ「栄養士」じゃないの?

先ほどは、管理栄養士と栄養士は同じ栄養のスペシャリストであるとご説明しました。
しかしこの二つには、大きな違いがあります。

試験制度の違い

管理栄養士と栄養士の最も大きな違いは、国家試験制度です。
栄養士は、大学・専門学校・短大で課程を学び卒業をすれば資格を取得することができます。
ですので、栄養士の資格には国家試験がありません。

管理栄養士は養成校に通うか、又は実務経験を積んだ上で国家試験に合格し、初めて管理栄養士の資格を取得することができます。

また栄養士は都道府県から免許をもらいますが、管理栄養士は国家試験を受けますので、免許は国からもらうことになります。
管理栄養士は免許をもらった後、国の管理栄養士名簿にも登録されます。

職務内容での違い

管理栄養士と栄養士の違いは、職務内容にもあります。

栄養士は基本的に、健康な人を対象にした栄養指導や給食管理を行います。
管理栄養士は健康な人に加えて、傷病者の栄養指導・給食管理を行うことができます。
栄養士や管理栄養士の方の主な職場となるのは、学校・総合病院・老健施設などです。

ここでも大きな違いがあり、必ず管理栄養士を置かなくてはいけない施設があります。
一例を挙げますと、「医療保険機関」「情緒障害児短期治療施設」「救護施設」「更生施設」には必ず管理栄養士を必ず置かなければなりません。
その他の施設も、条件によっては管理栄養士を置かなければならなくなるケースがあります。

まとめ

管理栄養士と栄養士、似ているのですが、似て非なるもの、ですね。
管理栄養士ではないとできない職務もあるので、栄養士よりもより専門性が高く、責任感も問われる仕事だとも言えます。

ですが、どちらも食事管理に重きを置かれた職業であることを理解していただければうれしいです。

Instagramはじめました!フォローお願いします(^^)


関連記事

  1. 管理栄養士ブログ

    高血圧の食事療法について

  2. 管理栄養士ブログ

    意外と知らない!小麦粉の分類と用途

  3. ビタミンB2の栄養|はたらきや食べ物

  4. staff_04_pc

    学校で働く栄養士|仕事内容と求められるスキル

  5. ビタミンKの栄養|はたらきや食べ物

  6. ビタミンB12の栄養|はたらきや食べ物

  7. 炭水化物ってなに?糖質とどう違うの?

  8. 脂質は悪?適正な量について

プロフィール

医療機関おすすめサプリ

過去記事

PAGE TOP