staff_04_pc

管理栄養士はどんな職場で働ける?どんな人が向いてるの?

こんにちは、管理栄養士の尾上です。

前回の記事では管理栄養士がどんな職業なのか、資格の取得方法等について解説しました。
今回は管理栄養士が実際に活躍している場所や管理栄養士がどんな人に向いているかを解説していきたいと思います!

少しでも興味がある方は今後の参考にしてみてください。

管理栄養士の仕事内容

人々の健康を考えながら、栄養バランスの取れた献立を考えたり、栄養指導をしたりするのが管理栄養士の主な仕事です。

管理栄養士については前記事を参照ください。

しかし、どの職場に勤めるかによって管理栄養士の仕事内容は大きく異なります。
実は管理栄養士は医療資格の中でも働く職場が多岐に渡る、ちょっと特殊な資格です。

病院、クリニックなどの医療関係

病院やクリニックなどの医療関係で働く管理栄養士は、患者さんの病状に合わせた栄養管理をしていきます。
糖尿病などの生活習慣病をはじめ、栄養管理を徹底しなければいけない患者さんはもちろん、他の病気でも治癒力を高めるために一人ひとりに合わせた栄養管理が必要です。
医師や看護師、薬剤師と連携を図りながら、必要に応じて栄養指導も行います。
病気で思うように食事ができない人がほとんどなので、患者やスタッフとコミュニケーションを取りながら、食欲がない原因を探ったり、食べやすい時間帯を考えたりすることが必要です。

社会福祉施設や介護施設などの福祉関係

社会福祉施設や介護施設で働くなら、障害者や高齢者でも食べやすい献立を考える必要があります。
一人ひとりの状態に合わせて、食材を細かく刻んだり、流動食にしたりと対応を変えることが大切です。
そのため、入居者や利用者の状態をヒアリング調査するのも、管理栄養士の仕事になります。

保育園、幼稚園、小中学校などの教育関係

保育園や幼稚園、小中学校で管理栄養士として働く場合は、給食の献立作成や食材発注などに携わります。
また、給食費や栄養面だけでなく季節や学校行事なども加味した献立作成が必要です。
教師や生徒への栄養指導も仕事で、給食の残量を確認しながら適切に指導を行います。
調理師とコミュニケーションを図るのも大切で、現場で働く人の意見を献立に反映させ、子どもたちにベストな給食を提供できるように改善を重ねていきます。
実際に給食を作るのは調理師のため、調理の手間や効率も考えて献立を作らなくてはいけません。

食品メーカーなどの一般企業

食品メーカーなどの一般企業に勤めた場合は、商品の企画や研究開発などが主な仕事です。
ただし、売れる商品を作りださなくてはいけないので、市場調査などにもかかわる必要があります。
栄養面も考慮する必要がありますが、どちらかというと商品価値があるものを生み出す必要があるため、幅広い知識が求められます。

管理栄養士のやりがいと魅力

管理栄養士は、食事と栄養という、生活するうえで非常に重要な分野のスペシャリストとして多くの人たちとかかわります。
最近は脂質異常症や高血圧、糖尿病やメタボリックシンドロームといった生活習慣病の栄養指導が増えていて、毎日の食事を通して健康づくりに取り組むことの重要性が注目されているため、今後ますます管理栄養士の役割は大きくなるでしょう。
病気や体質、遺伝、食生活は人によって異なるため、一人ひとりに合わせた栄養管理を大切にして、相手に合った栄養指導や食事管理、献立作成のポイントを伝えていく必要があります。


病院では、患者に合わせた栄養指導を通して入院中の食事メニューの考案や、通院している患者に対して日々の食事作りのアドバイスをします。
そうした栄養指導の結果、患者の症状が改善したり、健康な生活を取り戻したりする姿を見れば、大きなやりがいを感じるでしょう。


また、日ごろから健康づくりに取り組んでいる人やスポーツを楽しんでいる人たちへの栄養指導によって、毎日の生活をいきいきと送る姿や喜びの声を耳にしたときも、管理栄養士としての手応えを感じられます。

管理栄養士はどんな人が向いている?

管理栄養士は食と栄養のスペシャリストとして、病気や障がいなどを持つ人たちに栄養指導や食事管理を行う仕事です。
そのため、食事料理はもちろん、日ごろの健康管理に興味や関心が高いことが大切です。
た、栄養指導を行う相手は子どもからお年寄りまで年齢も性別も、生活環境もさまざまです。
ハンディキャップを抱えていたり、食や栄養に関する知識も人によって違いが大きかったりするため、コミュニケーションをしっかり取れる人が望ましいでしょう。

さらに、栄養士になるための勉強には、生物や化学といった栄養学に隣接する学習も必要になります。
栄養素がどのように体内で働いているのか、消化のメカニズムはどうなのか、病気や健康のほか、科学や医学、医療に対する知識も必要です。
管理栄養士は栄養士や調理スタッフをまとめて管理職になることも多く、職場でリーダーシップを持って活躍するための責任感も必要です。

まとめ

このように、管理栄養士は病院や企業、学校をはじめ保健所や福祉施設など活躍する場が多く、それだけ食と栄養のスペシャリストとして期待されている資格です。
食や栄養のアドバイスを通して今後ますます社会に貢献していく職業です。
この記事を通して、少しでも栄養や食事、管理栄養士について興味を持ってくれる人が増えればうれしいです。

次回は「管理栄養士と栄養士の違い」について書いていこうと思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 管理栄養士ブログ

    夏場のおいしい水分補給に!スイカの栄養

  2. 管理栄養士ブログ

    DHA・EPAとは?魚の秘めたる力!

  3. 管理栄養士ブログ

    秋の味覚「サンマ」の栄養

  4. 管理栄養士ブログ

    ナッツの栄養と適量|ナッツが健康的といわれる理由

  5. staff_04_pc

    病院で働く管理栄養士|仕事内容と求められるスキル

  6. 管理栄養士ブログ

    脂質は悪?適正量を摂ることが大切です!

  7. 管理栄養士ブログ

    栄養満点!タンパク質にビタミンK!納豆の魅力

  8. 管理栄養士ブログ

    甘酒のもと、酒粕について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Notice: Undefined variable: user_ID in /home/gigroup/golden-ratio.co.jp/public_html/wp-content/themes/unique_tcd044/comments.php on line 158
PAGE TOP