管理栄養士ブログ

バターとマーガリンの違いは?カロリーや健康面のために選ぶなら?

こんにちは、管理栄養士の尾上です。

パンに塗ったり料理の材料として使ったり、なじみ深い食材であるバターやマーガリン。
見た目も味も使い道も似ていますが、健康のためにはどちらを選ぶべきなのでしょうか?
今回はこの2つの違いを比べてみました!

バターは乳製品

バターの原材料は牛乳であり、牛乳の中に含まれる脂肪分を集めたものがバターとなります。
食塩を加えたものが主流で、食塩不使用のものは製菓用などになることが多いです。
「バター」と言えるのは「乳脂肪分80%以上、水分17%以下」と法律で決められています。
バターは紀元前から作られていて、私たち人類にはとっても古くからなじみのある食べ物です。
原料が牛乳ということを考えても納得できますね。

マーガリンは植物油脂を固めた加工食品

一方、マーガリン類の主な原材料は植物性油脂です。
製品によっても異なりますが、魚油やラード、牛脂が使われていることも。
主原料である食用油脂に水、乳化剤、乳成分、ビタミン類を加えたものがマーガリン類となります。
規格では「油脂含有率80%以上、乳脂肪含有率40%未満、水分17%以下」と決まっています。
ではマーガリンがなぜ生まれたかと言うと、もともとは「バター不足」で困った末に編み出されたものだそう。
生活に欠かせないバターが不足していた1800年頃のフランスで、植物性油脂を固めてバターのようにする技術ができ、それ以来安く作れるマーガリンが普及していったんですね。

マーガリンのなかでも3種類に区別されていて

  • マーガリン・・・油脂含有率80%以上のもの
  • 調整マーガリン・・・油脂含有率75%以上80%未満
  • ファットスプレッド・・・油脂含有率75%未満のもの

また、製品によっても異なるものの、マーガリン類は「トランス脂肪酸」を含むことが知られています。

バターとマーガリンのカロリーに差はある?健康面は?

バターやマーガリンは太るから食べ過ぎないほうがいいって言われてるけど、カロリーはどうでしょうか?
100gあたりのカロリーを見比べてみると、バター745kcal、マーガリン758kcalと、ほとんど変わりません。
バター、マーガリンともにたんぱく質と炭水化物はほとんど含まれず、脂質と水分がほとんどを占めており、栄養素について差が出るのは脂質の内容の違い程度にとどまるといえそうです。
トランス脂肪酸を含むマーガリンと飽和脂肪酸を含むバター、どちらもとりすぎは健康リスクを高めるものといえそうです。
かといって、バターもマーガリンも、「食べてはいけないもの」ということではありません。

理由はふたつ。

飽和脂肪酸もトランス脂肪酸も、バターとマーガリンだけを気にしても意味がない
摂取量はなるべく少ないほうがいいが、限りなくゼロにする必要はない

ということが挙げられます。

まとめ

バターもマーガリンも、日本人の通常の食生活では、健康に与える影響はさほど大きくはありません。
よって、特に食事管理が必要な人でなければ、バターもマーガリンも、どちらを選んでもよいですし、どちらも取りすぎには気を付けたい…というのが結論です。
加えて、バターやマーガリンだけでなく、ほかの油脂の摂取量にも気を付けることができれば、より健康的といえそうですね。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 管理栄養士ブログ

    食事の基本!PFCバランスって何?

  2. staff_04_pc

    管理栄養士はどんな職場で働ける?どんな人が向いてるの?

  3. 管理栄養士ブログ

    日本人の主食、お米について

  4. 管理栄養士ブログ

    なぜ1日に350g?野菜を食べて生活習慣病を予防しましょう!

  5. 管理栄養士ブログ

    ゼロキロカロリーは本当に「0」じゃない!カロリーゼロの落とし穴

  6. 管理栄養士ブログ

    GI値って?低GI食品ってどんなもの?

  7. 管理栄養士ブログ

    カルシウム以外も豊富!「牛乳」の栄養について

  8. 管理栄養士ブログ

    秋の味覚「サンマ」の栄養

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Notice: Undefined variable: user_ID in /home/gigroup/golden-ratio.co.jp/public_html/wp-content/themes/unique_tcd044/comments.php on line 158
PAGE TOP