管理栄養士ブログ

お酒は飲むと太るの?アルコールのカロリーや飲み方も徹底調査!

こんにちは、管理栄養士の尾上です。

最近のアルコールはノンカロリーから高カロリーまで色々な種類があり、男女共に「お酒を飲むと太るかも」ということを気にしている方が多いようです。

ダイエット中の方だと特に気になるようですが、お酒が好きな方だとなかなか禁酒できないのが悩ましいところではないでしょうか。

今回は本当にお酒を飲むと太るのかということについて、さまざまな角度から解説していきます。

そもそもなぜお酒を飲むと太るの?

昔からお酒を飲むと太ると言われ、お酒を飲む男性のお腹を「ビール腹」などと言いますが本当にお酒で太るのでしょうか?

実はこれは半分本当で、半分は嘘です。

食べ物のようにお酒にはカロリーがあり、糖質があります。
実はこの糖質がお酒で太ると言われる原因なのです。
また、晩酌時のおつまみのカロリーや糖質も太ることに大きく関係しているのです。

まずはお酒のカロリーや糖質についてお話しましょう。

アルコールは、1gあたり約7kcalあると言われています。
摂取してもそのカロリーは熱として発散されてしまうので脂肪として蓄えられることはほとんどないです。
ですが、飲み過ぎるとアルコールの代謝に酵素やエネルギーが使われてしまいます。
そうすると一緒に摂取したおつまみの脂質や糖質が代謝されず残ってしまい、脂肪として蓄えられていってしまいます。
飲んだ後にラーメンなどの塩分の多い炭水化物が食べたくなるのは、アルコールを摂取することで糖分と塩分が急激に身体からなくなってしまうためなんですね。

また、アルコールを分解するのにビタミンやミネラル、酵素が使われることで代謝が落ちて、太りやすい状態になるというのも一因です。
アルコールを摂ったその日だけでなく、その翌日も代謝が落ちて太りやすい状態になっているので、脂質や糖質の摂取は控えめにしましょう。

気をつけるべきはお酒の糖質

お酒のカロリーはアルコール度数が高くなればなるほど、高カロリーになります。

バーや居酒屋などで注文する際、1杯あたりのカロリーをまとめてみると下記のようになります。

・ハイボール:約70kcal
・焼酎ロック:約70kcal
・ウイスキー(シングル):約75kcal
・ワイン(グラス):約90kcal
・梅酒ロック:約95kcal
・生レモンサワー:約110kcal
・カシスオレンジ:約125kcal
・生ビール(中ジョッキ):約145kcal
・日本酒(1合):約200kcal

ビールや日本酒は原料が糖質なのでやはりカロリーが高いので避けたほうがベター(機能性ビールはOK)。
ハイボールや生の果実を使ったサワー等、糖質が含まれていない蒸留酒のほうが太りにくいのは事実です。
カロリーだけ見ると蒸留酒のほうが高いので太りやすいのでは?と思ってしまいますが、実際はその中に含まれる糖質が影響大です。

お酒とダイエット

お酒が好きな人にとってダイエット中の飲酒は悩みの種ではないでしょうか。
実はお酒の種類によって糖質やカロリーが異なり、太りにくいダイエット向きのお酒があります。
一体どのようなお酒がダイエットに向いてのいるのでしょうか。
日本酒や焼酎、ワインなどといったお酒ごとにダイエットに向いているのかを解説しましょう。

日本酒
日本人にとってお酒の中でも最もなじみが深いのは日本酒。
実は日本酒はカクテルやリキュールなどの特別なお酒を除くと、お酒の中ではかなり糖度の高いお酒です。
晩酌時は塩辛いものや味の濃いおつまみが合うため、ついつい食べ過ぎてしまいがちです。
日本酒自体の糖度と、相性の良いおつまみを考えると、日本酒はダイエットには不向きなお酒でしょう。
しかし、美容に良いビタミン成分やアミノ酸などの高い効果が期待されているお酒なので、飲む場合はお酒の量やおつまみなどを制限しつつ楽しむことです。
またお酒の代謝をよくするために熱燗で飲むことをおすすめします。

焼酎
蒸留酒の焼酎は、殆どがエンプティカロリー(栄養にならないカロリーのこと)で、糖質もないと言っても良いほどの微量なため、ダイエット向きです。
しかし、飲みにくいからといってジュース等で割ってしまうとカロリーや糖質が大幅にUPしてしまいます。
基本的に焼酎はロックか水割りで飲むのがポイントです。
そして焼酎を飲みながら代謝を上げたいのならお湯割りで飲むのが良いでしょう。

ウイスキー
穀物から作られる蒸留酒のウイスキーは、焼酎同様にカロリーが低いお酒としてダイエットに向いています。
普段ウイスキーをあまり飲まない人でも、炭酸で割るハイボールなら自分でお酒の濃さを調整できますし、ビール感覚で飲むこともできます。

ビール
お酒好きな肥満体型の男性のお腹をよく「ビール腹」というように、一般的にビールはかなり太りやすいお酒と認識されています。
実際、お酒の中では糖質が多く、から揚げなどの脂っこいおつまみと一緒に食べることが多いため、ダイエットには向かないお酒です。

ワイン
ポリフェノールが健康によいと注目されているワインですが、ぶどうから作られる醸造酒なため、比較的糖質が多いお酒です。
醸造酒は糖質が多めなので、ダイエット中はあまりおすすめできないのですが、健康効果が期待できるので蒸留酒が苦手な方は量をある程度制限して飲むと良いでしょう。

太りにくいお酒の飲み方

お酒の種類や量、おつまみ選びも重要ですが、お酒の飲み方によっても太りやすくなるのです。
ダイエット中の人やお酒を毎日たしなんでいる人は是非参考にしてください。

適切な量を飲む
これは当然のことですが、カロリーが低い、全くないからといって飲みすぎはダメです。
お酒のカロリーはすぐに消費されてしまいますが、お酒を飲むことによって本来使用されるはずだった体内のカロリーが溜まってしまい太りやすい状態になってしまいます。
お酒を飲みながらダイエットをしたい人は、毎日何杯までと制限を決めて、毎日運動をすることを心がけましょう。

お酒の前に水を飲む
お酒には利尿作用があります。
そのため水分不足に陥り、身体のむくみの原因になりますし、血液中のアルコール度も上がります。
水分補給は胃のアルコールの吸収速度を下げ、血液中のアルコール濃度が急に上がるのを防ぎます。
飲酒前、またなるべく飲酒中・飲酒後にも水を飲むのを忘れないようにしましょう。

食後にお酒を飲む
お酒には食前酒や食後酒といった、お酒を飲むタイミングがあります。
ダイエットに向いているタイミングは食後です。
食後酒は食べ物の消化促進効果があるため、おつまみを欲しくなることも少なくなります。
ただし、甘いものが食べたくなるのが難点なので注意が必要です。

まとめ

お酒を飲むと太るというのは、結局のところその量や飲み方、おつまみの選び方によって決まることがお分かりいただけたでしょうか。

飲酒時のカロリー摂取量をコントロールして、運動などでしっかりと摂取したカロリーをしっかりと消費することで太ることを防ぐことができます。

飲酒時は適量を守って、楽しくお酒を飲みましょう!

  • コメント: 0

関連記事

  1. 管理栄養士ブログ

    減塩食はなぜ必要なの?おいしい減塩のコツ

  2. 管理栄養士ブログ

    ビタミンAの栄養|はたらきや食べ物

  3. 管理栄養士ブログ

    夏場の食中毒予防について

  4. 管理栄養士ブログ

    便秘予防の食事!食生活を見直し便秘予防

  5. 管理栄養士ブログ

    ロコモティブシンドロームって?メタボと関係ある?

  6. staff_04_pc

    学校で働く栄養士|仕事内容と求められるスキル

  7. 管理栄養士ブログ

    梅の栄養|クエン酸は疲労回復に効く?

  8. 管理栄養士ブログ

    高血圧の食事療法について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Notice: Undefined variable: user_ID in /home/gigroup/golden-ratio.co.jp/public_html/wp-content/themes/unique_tcd044/comments.php on line 158
PAGE TOP