管理栄養士ブログ

そもそも、あなたが1日に必要なカロリーとは?

こんにちは、管理栄養士の尾上です。

“人間がなぜ太るのか”皆さんは知っていますか?
一般的には、日常生活で使われる「消費カロリー」よりも食べ物などから摂り入れる「摂取カロリー」が多いからです。
余分に摂取したカロリーは最終的に脂肪として体内に蓄えられます。
つまり、普段歩いたり、日常生活の中で消費するカロリーよりも、食べたものから得たカロリーが多いと太るということです。
結果的に痩せるためには、消費カロリー>摂取カロリーの状態にすることが必要です。
そのためには、運動量を増やして、食事量を抑えるか、あまり動かなかった日は食べ過ぎない・・・という単純な話なのです。

さて、皆さんは自分自身にどれだけのカロリーが必要か知っていますか?

自分に必要なカロリーはどのくらいか?
年齢やライフステージによってどのくらい変化するのか?

この記事ではそんなカロリーの基礎知識についてお伝えします。

カロリーとは?

「カロリー」とはエネルギーの単位のことです。

1ℓの水の温度を1℃上げるために必要なエネルギーが1kcalです。

電化製品が動くために電気エネルギーが必要なのと同じで、人間も生きていく為に常にエネルギーが必要です。

人間のエネルギー源は、ご存知の通り「食事」になります。

1日に必要なカロリー摂取とは?

健康的な食生活を考えるとき、ひとつのバロメーターとなっているのが1日のカロリー摂取量です。では、1日にどのくらいのカロリーを摂ることが体に良いのでしょうか?

一般的には、成人男性で1日約2,000kcalと言われています。
しかし厳密には、1日に必要なカロリーは個々の年齢や体格、毎日の生活スタイルによってそれぞれ異なります。

自分の場合は1日にどのくらいのカロリー摂取が適切なのか、計算式からその目安を知っておくことで、摂取カロリーの超過や不足を未然に防ぐことができます。

自分の必要カロリーを知ろう!目安となる計算式

①自分の身長から適正体重を計算します

適正体重=身長(m)×身長(m)×22

  例)身長が160㎝の人の場合

    1.6×1.6×22=56.32 適正体重は56.32㎏です。

②職種などから、体重1㎏あたりに必要なカロリーの数値を調べます

・一般事務、技術者、幼児のいない主婦など・・・25~30Kcal

・営業職、製造業、サービス業、幼児のいる主婦など・・・30~35kcal

・農業、漁業、建設作業など・・・35~40kcal

・スポーツ選手など・・・40kcal

③算出した適正体重に②で調べたカロリーの数値をかけると、1日に必要なカロリー摂取量が分かります。

例)身長160㎝の人の適正体重は56.32㎏、営業職の場合のカロリー数値は30~35kcalになるので、、、

56.32×30~35=1690~1971kcal

もし、自分の実際の体重が適性体重を上まわっている場合は、摂取カロリーを抑える必要があります。

ただし、基礎代謝量(何もしていなくても、1日に体が使うカロリー)より少ない摂取カロリーは、かえって体調を崩しやすく健康的な食生活とは言えません。

無理のない食生活プランを立てましょう。

まとめ

食事はカロリーがすべてではなく、栄養素のバランスが大事なのですが、食事のコントロールをするうえで基本となる要素のひとつです。

健康や美容のために、日ごろの食事量やカロリー表示に気を付けてみてはいかがでしょうか。

ダイエットや筋力アップなど、目的に合わせたカロリーの考え方等も後々記事にしていきたいと思いますので、見てみてください!

  • コメント: 0

関連記事

  1. タンパク質とは?そのはたらきから不足・摂りすぎにより起こる症状まで解説…

  2. 管理栄養士ブログ

    炭水化物ってなに?糖質とどう違うの?1日の摂取量を解説!

  3. 管理栄養士ブログ

    ビタミンとは?効果的に摂る方法もご紹介!

  4. 管理栄養士ブログ

    食物繊維ってどんなもの?消化吸収されない「第6の栄養素」

  5. 管理栄養士ブログ

    ミネラルとは?不足しがちなミネラル、摂りすぎ注意なミネラルとは?

  6. 管理栄養士ブログ

    脂質は悪?適正量を摂ることが大切です!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP